コンブチャクレンズを飲むとなぜ基礎代謝が上がるのか?

コンブチャクレンズというのは日本語でいうと紅茶キノコのことです。何十年か前にも日本で大流行したことがありますが、紅茶キノコといってもキノコの仲間ではありません・・・・簡単に言うと、紅茶などに砂糖を酢酸菌を加えて発酵させたものです。
つまり発酵食品の一種なんですね。酢酸菌の見た目がきのこのように見えるために紅茶キノコという名称で親しまれてきました。

そんなコンブチャクレンズは、飲み続けることで基礎代謝が上がると言われています。その理由は、コンブチャクレンズには基礎代謝アップに効果を発揮してくれる酵素がたくさん入っているから。

年齢とともに基礎代謝量は下がってきてしまいます。10代後半がピークの量であとは年々減っていくのです。これが下がると痩せにくい、体温が下がるなどの弊害が現れてきます。これはもちろん個人差があり、人によって痩せにくいだの太りやすいだのがある原因のひとつであると言えます。

摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまうと、超えてしまった分は体内に脂肪として蓄積されていきます。こうして太っていくというわけです。
つまり代謝の量をアップさせるということは、ダイエットしやすい、痩せやすい体作りをすることが可能なのです。
またコンブチャクレンズには免疫力をあげる効果もあるので健康的な体作りにも役立つドリンクなんですよ。